ルーレットとは?オンラインカジノで人気の魅力と基本ルール

ルーレット【Roulette】とは ルーレットとは、回転する円盤に玉を投げ入れ落ちる場所を当てるといういたってシンプルなゲーム。 19世紀の初め頃にフランスで現在の形になり、フランス語で「小さな輪」という意味からゲームの名前になりました。 ルーレット【Roulette】の魅力 37個または38個のどの穴の中にボールが入るのか予測するというとてもシンプルなルールなのですが、そのシンプルさがプレイヤーの心を掴んでいきました。 ギャンブルの原点であり、多くのプレイヤーを虜にした「ルーレット」。 「赤か黒か」「偶数か奇数か」のような2分の1の確率で当たる賭け方で、配当は2倍に!1つだけの目など最もリスクの高い賭け方で当てられた場合は、36倍という非常に高い配当になります! これらの配当をプレイヤーは自ら選択して遊ぶことができるのです。 そして何より、ボールの転がるドキドキ感がたまらない!のですが、ボールはまるで生きているかのように意思を持って動いているのかと思ってしまうほどハラハラする動き方をします。 2分の1の掛け方や、1つのみを狙った大きな掛け方でも同じようなスリルを味わうことができるのが「ルーレット」の魅力です。 ルーレット【Roulette】の遊び方 現金かチップを「ルーレット専用のチップ」に換金してからスタートします。 他のゲームと違って専用のチップを使うので現金もしくは既に持っているチップをディーラーさんに渡すと交換してもらうので、プレイする前にしっかり交換しておきましょう。 ⒈ホイールの隣にはチップ(掛け金)を乗せるシートがあるので、そこへ自分の好きな場所へ自由にチップを乗せていきます。 それぞれのテーブル毎にミニマムベットと呼ばれる最低金額が設定されているので、その設定金額以上のチップを賭けることが必要となりますので注意しましょう。 ⒉ディーラーがホイールの中で、ボールを指で弾いて回し、「ノーモアベット(No more Bet)」と言うまで、掛け金を追加したり減らしたり動かしてもOKです。 制限は特にありませんので、どこにいくら賭けても大丈夫です! ノーモアベット(No more Bet)とディーラーに締め切られる前にチップをおけるだけ置く必要があるのですが、複数箇所で勝負をするならシートを把握しておかないと時間切れで受け付けてもらえなくなるので注意しましょう。 締め切られた後に、当たりが決まるとディーラーがピック(マーカーのようなもの)と呼ばれる道具でシートの当たり番号に置いていきます。 外れたチップは先に回収され、その後に配当がプレイヤー配られます。 ディーラーがピックを引きあげたら自分のチップを回収して良い合図なので回収しましょう。 ⒊ボールの落ちたスポットが決定したら、その結果とベットして(賭けて)いた方法に基づいてプレイヤーにそれぞれ配当がおこなわれます。 オンラインカジノでのルーレット【Roulette】の種類 オンラインカジノには、「ライブルーレット」と「ビデオルーレット」の2種類が存在します。 ライブルーレット(Live Roulette) 実際のディーラーがライブ映像を通してルーレットを回してプレイヤーはカジノへ足を運ばなくても携帯端末などでプレーできるオンラインルーレットゲームです。 ルーレットは好きだけど、インチキしてるのでは?機械で操作されているのでは?と思ってしまう方にはうってつけのゲーム。 リアルタイムで放送されていて、ライブディーラーや円盤が見えるようになっています。 もし、ディーラーらホイールに「クセ」があって見抜くことができればそれを読んで攻略できるかも知れません。 ビデオルーレット(Video Roulette) これはオンラインルーレットと同じなのですが従来のルーレットテーブルゲームとあまり差はありません。 主な違いとして、本物のルーレット(ホイール/シート)をビデオ映像で見られることです。 オンラインルーレットのように結果がプレイヤーの画面に表示されるのではなく、文字通りに見ることができます。 ルーレット【Roulette】の用語