クールジャパンとバイク

クールジャパン 乗り物へ日本の漫画・アニメ文化が与えた影響

日本の漫画・アニメ文化は、サブカルチャーにとどまることなく世の中のさまざまのものに影響を与えています。サイバー技術が発達した近未来を描いた『攻殻機動隊』や、核戦争後の荒廃した世界を描いた、スタジオジブリの短編映画『On Your Mark』など、大衆娯楽に留まらない作品が数々発表されアニメ・漫画の芸術的価値を高めています。

実際、アニメ・漫画文化は新たな芸術の一分野としてフランスで認められつつあります。

大友克洋のAKIRA

日本の漫画・アニメの中でも金字塔とされる、大友克洋氏の『AKIRA』は、核・超能力・ドラッグ・ヤングカルチャー等を主題にした作品です。この作品に登場する主人公の一人、金田の乗るバイクはその後のバイクデザインに大きな影響を与えたといわれています。赤いライダースーツを着た少年と、赤いバイクが俯瞰で描かれたイラストを見たことがあるのではないでしょうか。

金田のバイク

金田のバイクは、当時のバイクデザインの概念に新しい風を吹き込んだ斬新なものでした。

低重心なレーシングカーを彷彿とさせるデザイン・近未来観のあるダッシュボード機構など枠にはまらないコンセプトが特徴です。

映画「マイノリティ・レポート」(2002年) に登場する未来の自動車も、偶然か必然か、どことなくこのバイクに近い印象のデザインです。

このデザインは、映画や文化などの仮想的な世界だけでなく、ホンダのバイクデザインという現実世界にも影響を与えたといわれています。